衛生管理機器について

きむら矯正歯科では、患者さまにとって安心安全な医療を受けられる環境を整え、良質な医療を提供することが重要と考えています。

そのため治療器具の滅菌を徹底し、安全な治療環境を整えています。

最新の洗浄、滅菌システム

①洗浄
洗浄はすべて、歯科用全自動洗浄機で行います。従来の手洗いでは完全には落とすことのできなかった唾液や血液などのたんぱく質汚れを徹底洗浄します。それだけではなく、93℃の熱水ですすぎを行うため、高レベルな熱湯消毒が可能です。高い水圧と温度管理による洗浄で器具、機材の安全性を徹底します。

歯科専用ジェットウォッシャー ミーレ

ジェットウォッシャーは薬機法で認められた医療機器です。

歯科専用ジェットウォッシャー ミーレ

②滅菌
約130度の高温と高圧により、すべてのウイルスと細菌は死滅します。
真空状態と蒸気の注入をくり返すことで、細かな治療器具の内部までしっかり滅菌。
歯科用全自動洗浄機と併せて使用することで、より万全な衛生管理を実現します。

クラスBオートクレーブ リサ

クラスBオートクレーブ リサ
※当院の滅菌機はヨーロッパ基準(EN13060)で、もっとも厳しい基準とされるクラスBをクリアしたものです。

クラスBオートクレーブ リサ

※滅菌のクラス分けについて

当院では、高い安全性を追求した滅菌システムを採用しております。また、洗浄・消毒に関しての国際規格(ISO15883)に基づいた、高度な洗浄・消毒を行っております。

滅菌のクラス分け

クラスB(最高クラス)… 当院

滅菌前、乾燥時に数回の真空状態を作り、あらゆる種類や形状の滅菌が被滅菌物を滅菌します。(クラスBという滅菌レベルは、世界で最も厳しいヨーロッパの滅菌基準です。当院ではこのクラスBの滅菌システムを整えています)

クラスS(かつての最高クラス)

滅菌前の1回、真空状態を作り、高圧蒸気滅菌します。

クラスN(昔の方法)

通常の歯科医院で行われる滅菌方法。蒸気と空気の重量の違いを利用して缶体内の空気除去を行います。