歯科矯正の後戻り、歯は生涯動き続けるって本当?

2022/01/07  ・大人の矯正治療

こんにちはsmiley

西武池袋線 大泉学園駅にある

【きむら矯正歯科】

歯科衛生士のしーさんですlaugh

 

新しい年が始まりましたね。

皆さま、今年もどうぞ宜しくお願いいたします。

きむら矯正歯科も開院してから2年2か月が経ち、

矯正の終わりが近づいている方もいらっしゃいます。

 

 

 

矯正して歯並びが良くなったのに、

何年かすると歯が動いて

歯並びが変わってしまった

というお話は聞いたことがありますか?

歯の矯正治療でも

この意味のような後戻りが起こります。

きれいに並んだ歯並びが、いつのまにか

歯の位置が変わってしまうのです。

 

 

 

なぜ後戻りしてしまうのでしょうか?

 

 

まず、歯の動く仕組みについては

こちらのブログをご覧ください。

      

歯の動く仕組みについて

理解しよう!

 

 

矯正治療で歯を動かす時には、

歯を支えている骨が溶けて歯が移動し、

動いた場所で新たに骨が形成されて

固定化されます。

 

矯正治療が終了したばかりの

歯の根の周囲の骨は

まだ弱くて不安定なため、

歯は普段よりもずっと動きやすい

状態になっています。

 

その状態で食事をしたり、

舌などの悪習慣が続いてたりすると

歯の位置を

元に戻そうとする力が働きます。

 

その結果、

きれいに並んだ歯並びが

変わってしまうことになるのです。

 

 

 

長期間頑張って綺麗になった歯並びが

元に戻るなんて嫌ですよね?

 

 

そこで後戻りを防ぐ為に、

リテーナー(保定装置)という

動いた歯並びを定着させる装置

が必要になります。

 

矯正終わったのに、また装置をつけるの?

と思う方もいるかもしれませんが、

リテーナーを装着することは

とても大切です。

 

 

 

リテーナーには

ワイヤーとプレートで歯を挟むタイプや、

透明なマウスピース型タイプなど

いろいろあり、患者様のお口の状況に

合わせて選びます。

 

リテーナーを装着して歯の周りの骨が

しっかりと固まって安定するまで

固定していきます。

 

一般的にリテーナーを装着している期間は

矯正治療にかかったのと

同じくらいの期間がかかります。

 

 

しかし、個人差によって

骨が固まるまでの期間も異なるので

何日で保定が完了すると

断言するのは難しいです。

 

 

保定期間が過ぎて

リテーナーを装着しなくなると

徐々に歯が動いてしまうこともあります。

 

 

矯正終了後、初めは24時間リテーナーを

装着していただき、

院長の診断の元、数か月単位で

装着時間を減らしていきます。

 

 

矯正治療が終わった安心感から

保定装置をつけるのが

さぼり気味になってしまうと

後戻りが起こってしまいます。

 

 

日常的にリテーナーを使い続けることは

美しい歯並びを維持するのに

効果的な方法になるのです。

 

 

 

 

矯正治療の後戻りでお困りの方も

無料矯正相談にお越しください。

 

元のきれいな歯並びに戻す治療を

ご提案したいと思いますsmiley

 

 

 

 

練馬区

西武池袋線

大泉学園駅

北口から徒歩9分

 

北園メディカルモール1階

きむら矯正歯科